フロッキープリント拡大 フロッキープリントとは(フロック加工、植毛加工)
 フロッキープリントとはシルクスクリーンや吹き付けなどの方法で樹脂の層を生地や植毛対象物に作り、その樹脂に向けて高圧電気(静電気)を帯電させた短くカットされた繊維を垂直に差し込む加工です。
(樹脂の種類は対象物や要求される強度により変わります)
 植毛された対象物は短い繊維が密集して垂直に差し込まれた状態になりベルベット調の手触りになります。
 静電気を発生させる方向によりアップ式、ダウン式などの方法があります。
 また、植え付ける短く切った繊維の事をパイルと呼び、パイルの種類などによって幾つかの出来上りを見せます。パイルの素材もポリエステルやレーヨンなど様々な種類があります。弊社では長毛にはポリエステルを主に使用し、短毛にはレーヨンを使用しています。要求される表情により、混合や糸の太さを変更する事も可能です。

山忠ではフロッキーの色数は常に60色以上をストックし、またご希望にあわせて複数のパイルを混ぜ合わせや、特色の製造によってサンプル帳に無い色を作り出すことも可能です。
 
 従来までのフロッキー加工は摩擦などに弱い側面もありましたが、加工技術の向上により今までの5倍以上強く植毛出来る加工もございます。
 強い植毛方式を利用して、植毛後の後染め工程なども出来る様になりました。
転写フロッキープリント
 転写フロッキーとは、パイルを紙等にあらかじめ弱い樹脂でフロッキー加工した、転写ペーパーに、箔プリントなどで使用するホットメルトと呼ばれる熱で溶ける性質を持ったバインダーをシルクスクリーンでプリントし、出来上がったシートをプレス機などで生地に転写する方法です。

 メリットとしては、あばたが出ない、植毛設備が無くても加工できる、除毛工程が不要である等があげられます。
 
デメリットとしてはプレス機でプレスするためにパイルが寝てしまう。柔らかく仕上がりにくい、転写後もアイロンや乾燥機で脱落する可能性がある、直接フロッキー加工に比べると堅牢度が悪いなどがあげられます。

 こちらのブログにて転写植毛用シート(淡色用)や転写用樹脂(業務用)を販売しております、また、データーを入稿していただければ転写シートにホットメルトをプリントさせていただくサービスも行っております。詳しくはこちらから。

お名前転写フロッキーシート

転写フロッキーのシートにホットメルトをプリントした状態でお客様にお届けして、靴下や洋服などの好きなモノにフロッキー転写していただける転写フロッキーシートです。シルクスクリーンの製造から一貫した行程により短納期で多種類が要求されるシートの製造もいたします。

入園入学などの際に欠かせない、お名前フロッキー転写シートにつきましては、こちらより受け付けております。

また、お急ぎでお名前フロッキー転写シートをご希望の方はこちらのサイトにてご案内しております。

シャンブレーフロッキー シャンブレーフロッキー
シャンブレーフロッキーとは通常の短いパイル(0.3mm〜0.5mm)に毛足の長いパイル(1,5mm〜3mm)を10%から30%まぜたものをフロッキー植毛する加工で、角度によって見え方が変わるのが特徴です。
 長いパイルのみを使用した長毛によるフロッキープリントなどもございます。
混合済みのカラーも常時20色程度在庫しております。

色目によっては色ぶれが発生する恐れがあります。
グラデーションフロッキー、グリッター+フロッキー
グラデーションフロック+グリッター グラデーションフロッキー
 グラデーションフロッキーとは2色以上のパイルを使い、図案をグラデーションするものです。

 中間部分は両方のパイルが混在
するため、2色のグラデーションあっても色の差があるパイルを使用することによって複数色のグラデーションに見えます。

 A3程度のプリント面積でれば、図案にもよりますが最大4色程度の
グラデーションをかける事が出来ます。

 また、プリント可能サイズも加工の方法や図案等によって、かなり大きなグラデーションフロッキーも加工可能です。
手描きフロッキー、盛り上がりフロッキープリント
手描きによる盛り上がりフロッキー 発泡フロッキー加工
その他にも、刷毛を使ってフロッキーに変化をもたせたり、盛り上がらせて独特の風合いをもたせるなどの加工がございます。
多色フロッキー、全体柄
多色フロッキー フロッキー^プリント全体柄
シャンブレーフロッキー
複数のパイルを使った多色のフロッキー加工や、繊細な図案、全面柄のフロッキープリント、オーガンジーやチュール等へのフロッキープリントなどを従来のシルクスクリーンの加工と組み合わせて加工する事も出来ますので様々なバリエーションの加工をする事が出来ます。

こちらのページでご紹介しきれなかった様々な加工につきましては特殊プリント加工のご紹介ページにてご覧下さい。
オーガンジーや材料全面にフロッキー加工
オーガンジーにフロッキー加工 ジッピングによる全面フロッキー加工
従来であれば加工しにくかった、オーガンジーやボイル地などへのフロッキー加工や材料全体をフロッキーしてしまう加工などもございます。
加工が難しかった材料や表現なども挑戦してまいりますので、お気軽にご相談下さい。
立体物や形成品などへのフロッキー加工
立体物にフロッキー(多色) クロースアップマット断面図
原則として、素材を問わず加工出来るフロッキー加工ですので、立体物への加工やウレタンなどの素材感を損なわない加工などが出来ることから、住宅用資材や公共施設、緑化事業や手品用マットまで、様々な用途でお使い頂く事が出来ます。(写真はつけ爪に多色フロッキー加工が施されているものとクロースアップマットの断面です)

山忠紙芸では、常に新しい加工の開発と研究を重ねております。従来の工場では出来なかった事や新しい加工のご相談など、お気軽にご連絡下さい。
また、「特殊プリント加工のご紹介」のページにおいて、フロッキー加工だけでなく、グリッター、箔プリント、顔料プリント、ビーズプリントなど様々な特殊プリント加工のご紹介をしております。あわせてご覧下さい。

最新情報につきましては、こちらのブログも合わせてご覧ください