ビーズプリントは、シルクスクリーンを使い盛り上がった樹脂の層の上にガラス玉を接着する手法です。現在、大玉、小玉の二種類のビーズがあります。
耐熱性に優れた素材を活かして、公共の場所での椅子などに使われた実績があります。
複数色の顔料プリントの上に、透明のビーズプリント加工です。
ビーズプリントは従来10メートル程度の加工しか困難でしたが、現在では25メートル程度の加工も可能になりました。
ガラスのビーズを付けるため、大変重くなります。
縫製、裁断などの工場を選びます。

白の生地に、白色のビーズプリントです。
グリッタープリント+ビーズプリントです
ほぼ全面にビーズプリントをしました
ガラスビーズは透明ですので、下地の色を反映します。
グリッターなどのラメを下地にプリントすると鮮やかなプリントになります。
下地に黒色を入れる事で、雰囲気が大きく変わります。